ホームページ

カンタベリー地震追悼国立メモリアルは、郊外を含むクライストチャーチ地域に壊滅的な被害をもたらした2010・2011年の地震を振り返るための場所です。

メモリアルは、亡くなられた方々はもちろんのこと、重傷を負われた方々、そして生還した方々のための場所です。また、多くの人々が被った精神的外傷や、地震後の対応・復興期間中の多くの人々の支援・協力が忘れ去られることないようにするためのものでもあります。

 

一つのメモリアルに2つの空間

カンタベリー地震追悼国立メモリアルには、オタカロ(エイボン)川北岸の樹木やベンチ、庭のある公園スペースがあり、そこから川越しにもう一つの空間である慰霊壁があります。

メモリアルの開発は、ニュージーランド政府と、クライストチャーチ市、ナイタフ部族の南島行政機関であるTe Rūnanga o Ngāi Tahuの共同事業として進められました。

ナイタフ部族は、メモリアルを「Oi Manawa」と命名しました。これはマオリ語で「心の震え(あるいはわななき)」という意味です。これは地震の揺れをも指し、地震によってもたらされた精神的外傷の象徴でもあります。

同部族は、地震で人命が奪われた場所のほか、メモリアルでも祈祷をささげています。

壊滅的直下型地震

クライストチャーチの南西に位置するダーフィールド付近を震源地とするマグニチュード7.1の地震から5カ月後の2011年2月22日、さらなる地震が襲い、より多くの被害をもたらしました。このマグニチュード6.3の直下型地震は、クライストチャーチ中心からわずか10キロメートルのポートヒルズで発生し、ニュージーランド史上最大の地動加速度を記録しました。

この地震により、185人の命が奪われ、多くの負傷者が出ました。1万1,000回以上もの余震が続く一方で、家屋の全壊や部分的な損壊、地域社会・職場の混乱に対処しなければならなかった住民の心理的ストレスも著しいものがありました。

約 2万5,000軒もの家屋に深刻な被害が及んだほか、都心部では建物の過半数が取り壊しを余儀なくされました。